『プロローグ』 Tさんという第3人称で日記をつけることにした。 殆ど自分の実体験が主になっているが、 そこはそれ、本当のところを書きたくないこともあるし、 (そんなにドジなのは、実は自分ではないのだ・・・・)と、 他人に、思わせることもできる。・・・・・ 思わないかもしれないが・・・・・・。 それに、第3人称なら、多少の誇張や不可能なことをも できることになるではないか・・・・・・・ なんだそりゃ?

2009年03月29日

電車シリーズ007 未必の故意か?過失汚損か?

電車の中は危険がいっぱいです。
下手に油断をすると、大変な目にあいます。

しばらく前のことです。

年末は、忘年会の季節なのか?
飲む機会が多いのでしょう。
帰りの電車は、遅くなるに従い、酔っ払いの臭いで充満します。

余りに、深酒をすると、翌日の朝にも酔いが残る場合があります。
私は、その日はつり革につかまることが出来ず、
電車の中央くらいで、吊り下げ広告を眺めていました。

私の左前方で、つり革につかまっている50代のおじさんの様子が異常です。
前日、深酒をしたのでしょうか?
ときどき、片手を口に当てて、
吐き気を・・・・・・懸命に、我慢している・・・・・・と推察しました。

そのおじさんの前方の座席には、上を向いて、口は半開き・・・・・・、
熟睡している若い女性の方が・・・・・・・・。

(うわあーーっ)
最悪の光景が目に浮かびます。
・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。

電車が、最終駅に到着しました。
なんとか、最悪の状態だけは、免れたようです。

が、おじさんは、降りた途端に緊張の糸が切れたのでしょう?
盛大に、ぶちまけました。

幸いというか、混雑していたにも関わらず、
直接かけられた方はいなかったようです。
なんとなく、周囲の方は危険予知をしていたのでしょうか?

けど、放物線を描いて着地した”それ”は、物理的な反射角をもって、
確実に、何人かの靴やズボンの裾を汚していました。
汚された方は足を止めて、おじさんと対峙の形になりました。

おじさんの罪は、『未必の故意』になるのか、『過失汚損罪』になるのか、
すべてを見届けた私は、しばし、通勤の足を止めて、
口をぬぐっているおじさんを見ていましたが、
ふと、我に返り、そそくさと、その場を去った次第です。 (今日はここまで)

何も言わずに押してくれ!
banner2.gif
今月(2009年4月)の、お勧め・・・こいつは、効きます!(気のせい?)


3月の、お勧めはこの本・・・・
「ああっ女神さまっ」:藤島康介

原竜也の2月のお勧めはこの本・・・・
「神の狩人」:グレッグアイルズ
posted by 原 竜也(はら たつや) at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116411259
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。