『プロローグ』 Tさんという第3人称で日記をつけることにした。 殆ど自分の実体験が主になっているが、 そこはそれ、本当のところを書きたくないこともあるし、 (そんなにドジなのは、実は自分ではないのだ・・・・)と、 他人に、思わせることもできる。・・・・・ 思わないかもしれないが・・・・・・。 それに、第3人称なら、多少の誇張や不可能なことをも できることになるではないか・・・・・・・ なんだそりゃ?

2008年11月02日

閑話休題010 残念無念・・・分るかなあ!

WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の監督は
巨人の原監督、原ジャパン!ということで、一件落着のようだ。
反対はしないよ、俺は。
嫌いじゃないんだ、原だって。
世の中の半数以上(くらい?)は、賛成だろうさそんなことは。

俺が言っているのはそんなことではないんだよ。
分らんのかなあ?残念だなあ、・・・・・情けない!

原ジャパン!・・・なんてのは、再来年でもその後だってOKなんだよ。
その感覚が分ってないって言ってんだよ。俺にとっては。

野村の年齢を考えてごらん!
野村がいい仕事ができるのは、今年か来年限りだぜ!
そのへんを考えてくれよ!
野村の冴えた指揮力を見られる機会をみすみす逃すのが残念なだけよ。
(負けるかもしれないけれど。いいじゃないか。)

Qちゃん(高橋尚子だって、そうだったろうよ!
北京じゃなかったんだよ、彼女の最後のいい走り(の可能性)は!
アテネが高橋尚子の走りを示せる最後のチャンスだったのだよ!
陸連の唱える選考基準のあいまいさがその最大の理由だろうが
《五輪でメダルまたは入賞が期待される競技者》
この基準に、当時もっとも近かったのは、高橋尚子だったのだよ、
当時の世間一般の偏見のない見方としては・・・・・。

アテネの現地の方でも、「高橋が来ない!」
というのは、大ニュースだったらしい。
アテネの人も、五輪二連覇をめざす、ランナーが見たかったのよ、実際。

そのあたりの夢の無い陸連の選考委員(だか、強化委員長の沢木さん?)
だろうよ最大原因は!

夢のある基準をさらしといて、その実、彼らには夢がなかったのよ!
"《国民の支持よりも、専門家としての責任で、申し分ないトリオを選んだ。》"
なんていう、スポーツ評論家もいたけれど、
スターになれなかった専門家達の限界を感じたねえ。

”オリンピックは夢舞台!”
と思うわけさ、俺としては。スターが出るから、見るわけよ。
そして、そのスターを破る新しいスターの誕生と、新旧交代のドラマ。
そういう、ハラハラドキドキの夢の無い競技なんか、誰も見ないだろう?(決してマイナーの競技をけなそうとしているわけではありません。念のため。)

今回のWBCの監督選びのドタバタ劇を鑑みるに、
巨人一辺倒の渡辺恒夫(の馬鹿)に踊らされている加藤コミッショナーのおかげで、日本の至宝と思われる(野村監督の)采配が見られるチャンスを逃してしまう情けなさを言ってんだよ俺は。

原采配はこれから見られるんだよ。いくらでも。
もっと、充実したそれを。


来年は残念な結果に終わるだろうよ、WBCは、・・・・。

そして、野村監督の采配を見たいよ、再来年に!
その時、野村監督はいくつさ?・・・・・74?・・・歳かあ・・・・・。
(この辺が最後だと思うよ、だからこれ書いてんだ)    
               (今日はここまで)

野村監督、頑張れ!ぼやけ!
banner2.gif

見て観て視て。このスグレもの!
"抱いて、座って、ほおずりして。好きになります、きっと。"
王様の腰掛


えこじじいの店・・・・こんなお店知ってました?間違いそう!
posted by 原 竜也(はら たつや) at 21:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108982994
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

同級生がまた一人…
Excerpt: 先週、同級生がまた二人、引退しました…。まぁ、同級生って言ったって会ったこともなくて、ただ同い年だってだけの話なのですが…。でも、同じ年ってだけで勝手に親近感を持っていただけなんですけどね…。高橋尚子..
Weblog: 世の中に絶へてデニムのなかりせば
Tracked: 2008-11-02 23:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。