『プロローグ』 Tさんという第3人称で日記をつけることにした。 殆ど自分の実体験が主になっているが、 そこはそれ、本当のところを書きたくないこともあるし、 (そんなにドジなのは、実は自分ではないのだ・・・・)と、 他人に、思わせることもできる。・・・・・ 思わないかもしれないが・・・・・・。 それに、第3人称なら、多少の誇張や不可能なことをも できることになるではないか・・・・・・・ なんだそりゃ?

2008年10月19日

閑話休題008 WBCの監督!また、星野さん? (野村ジャパンでいいじゃないか!)

真偽の程は良く分りませんが・・・・・・。(業界通ではないので)

10月18日(土)の日刊スポーツに、

《星野監督、有力:出来レースじゃないの》
《ノムさん、疑問明かす!!》
《WBC会議 雰囲気がヘン・・・・・》   の文字が踊ります。

来年3月に開催が決まっているWBC
”第2回のワールド・ベースボール・クラッシック”の検討会議なるものが、10月15日に、都内のホテルで、催されたようですが・・・・・・。

その会議に出席された野村監督が、会議内容に疑問を呈しています。
出席者は、加藤コミッショナー(67歳)以下、
*王貞治(コミッショナー特別顧問):68歳
*野村克也(楽天監督):73歳
*高田繁(ヤクルト監督):63歳
*星野仙一(阪神シニアディレクター):61歳
*野村謙二郎(元広島・野球解説者):42歳
の6人だそうです。

会議体のメンバー人選が、良いのかどうかの判断は良く分りませんが、
こんなものなのかなあ・・・・・・?という疑問は強く湧いてきます。
人選は、コミッショナーに依るそうですから、文句はないのでしょうが、いま一つ、選定理由は、はっきりしません。

ま、それは置いとくとして、
会議の中味が、「出来レースじゃないの?」と、野村監督が言うように、最も、話し合い、意見を戦わせなければならない
「監督を誰にするか?」
という議題については、議論された様子がない・・・・・というのは
誰が考えても、変・ヘン・変ですよね?

監督を決めないうちから、選手の選考に議論が及ぶ?・・・・というのも変・ヘン・変ですよね?

監督について、会議で出た意見が、
「現役監督は難しい」という王氏の持論だけだったといいます。
いつ、どこの場で、誰が監督を決めるのでしょうか?

いきなり、「星野監督、再登板!名誉挽回を目指して!」・・・なんて
テロップは出ないでしょうね。
そんなのが出た日には、世の中の総すかんを食うことぐらいは、
コミッショナーさんにも、見えていなければならないと思うのですが。

星野監督に、汚名をすすぐ場が与えられても私は良いと思っていますが、それは、今ではないと思います。
やはり、時間をかけて、何が前回の結果を生み、世間の同意を
得られなかったのかの、反省がなされてからでしょう。
今は、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の時期だと思います。
選手の気持ちも複雑なのではないでしょうか?
私がダルビッシュなら、
「えっ、星野さんですか?・・・・・オレ・・・(ーー;)・・・・いいです。」
って、言ってしまいそうです。

それにも増して、
「おれは不要か?」
「俺の就任話はひとっ言もでなかった。」・・・と、
野村監督がおっしゃっていますが、
世の中の10人中10人がそう思うのではないでしょうか?

野村監督が良いかどうかは別にして、
まな板にも上らないというのは、どう考えても変・ヘン・変ですよ。

長嶋・・・・王・・・・野村。順序からいえば、星野さんの前に来ても、何の奇異も感じません。

野村監督の、独特の、そして的をついたぼやきコメントを
WBCの各国との試合に聞いてみたいと思うのは、
決して私一人ではない・・・・・・・と思うのですが? 

やらせてみようよ!   (楽)

野村ジャパン案に賛成のかた、一票を!
banner2.gif
posted by 原 竜也(はら たつや) at 21:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。